mie-mama日記♪

お店や音楽仲間との出来事、日々の暮らしまで綴ってます(*^^)v

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月30日(月)

CREAM定休日の夜は家で夕ご飯を済ませた後、トークへ行った。
最強な寒波が村上にも来ていて雪も今までにない積もり方になるらしいとニューで聴きながらの
お出かけとなる。

10月にあるCREAM5周年ライブでもう一つの盛り上がりに必要なのは飲食ブースと考えて即!お願いと相談で回る事に決めた。

同業者となると貴重な土曜日の時間を半日、しかも半ボランティア的に参加をして下さる店はあるだろうかと
不安にもなりながらのオハ・・・・

早めに「味彩」に移動をして監督(私は店主を監督と呼ぶ)に相談をすると即!OKをもらう。(感激)
なんでも協力をするから遠慮なく言って。と言うので味彩ラーメンを提供してくれる事に決まった。

監督との話の中で
最近はお客さんも少なくて早めに店を閉めたりしながらとても厳しい事態になっていると話す。

たまには2~3日お店を休んで趣味の事や旅行もしたいけど定休日以外に休む事が怖いと言う。
ただでさえ売り上げがない最近では定休日だって開けてしまいたいと言う。
監督の言う通り私自身ももうすぐ秀樹の命日が来るのに生田に帰る事で2日も店を休む事が不安でならない。

と言って店はやめない!一人で何とか頑張ってやるしかないっすよね!と勇気をもらう。
日付けが変わらないうちに家に戻りギターを弾く。

朝あった熱も何処かへ飛んだ・・・
スポンサーサイト
1月29日(日)

先日、お酒を配達してくれた「八十助酒店」の加藤君と話をしていると突然、マヨネーズの話になった。
加藤君「実は興味深いマヨネーズがあるんですよ」まつだ-s

何?なに?という事で話を聞くとこのマヨネーズは埼玉在住の松田さんが拘って作ったと言う。
マヨネーズの材料となるまず、卵は有精卵を産む環境の中で元気に走りまわっている鶏の卵。
遺伝子組み換えされたトウモロコシ&大豆は使わない。

油は・・・これも無添加菜種油・・・
酢は・・・リンゴ果汁100パーセントで造った酒を原料にした酢・・・
潮は・・・自然海塩だそうでンン・・・伊豆大島で伝統的に造られた塩・・・
からし粉・・・からし菜100パーセントを粉末にしたと・・・

さて解説はここまで!実際に食べて見ると・・・そうねいつも食べているマヨネーズと違うのはさっぱりとしている。
プレーンと辛口の2種類、辛口マヨネーズがどうも気になり先に食べたんだけど辛さもほどほどでふんわりした
味・・・こてこてのギラギラしたマヨネーズがどうも嫌いだった私としてはこれなら行けるなと思った。

もちろん!手間と愛情がかかっている分、スーパーで売られているQマヨ達と比べれば値段も少々お高いけれど
家族2人が食べる分には使う量もしれているし、なんと言っても松田さんが造った愛情たっぷりマヨネーズを味わう幸せに満足なのである。

マヨラ―の息子は・・・Qマヨとコラボで食べている・・・まあ良いだろう・・・
不-s

本日のおススメは「FreddieKing」
3大キングと呼ばれた「B.Bキング」「アルバートキング」だった。
1976年12月28日42歳で他界している。「スイート・ホーム・シカゴ」はいつまでも沢山の人が好んで歌う名曲ね。
このアルバムのライブ収録は(フレデイが亡くなる1月前?)皮肉にもフレデイキングはギターだけの担当でゲストのエリッククラプトンがボーカルを担当したんだった。
1961年ごろは「モダン・ブルーズ」なんて言葉も流行っていてフレデイ・キングもその一人であったのね。
1月28日(土)
吹雪の中、高速を使って新発田にあるハードオフへ行く。
わりと掘り出し物に出会えるので楽しみなレコード売り場だ。
ベック-s
4枚買った中で一番嬉しかったのがこれ「jeff beekのblow by blow 」18歳の時に姉に頼んで東京から買って
来てもらって擦り切れるほど聴いていた懐かしいアルバム・・・火事で焼けた依頼、いつも頭の隅っこに
この盤があったから見つけた時の感動はなかったな。

只、盤の右上に注目!ラップもされていないジャケットに直接定価シールが貼られているでしょう!
無神経にもほどがあるわね。
店員さんに「これどうにかなりませんか?」と言ったら「申し訳ありませんこのお値段ですので・・・」
確かに500円という超!安値ではあるけど・・・どうにかしてはがせないかな・・・

カポタストとナイロン弦を買い、シュアーマイク58を探してなくてギターを見ていたらCREAMオープンまで
ギリギリトなる。


開店してしばらくすると又さん登場!久しぶりにゆっくり話ができた。
レコード会社にいたころの話はいつ聞いても興味津々でわくわくする。
バンド、音楽の話は時間を忘れる。

珍しく若者のグループが何組か会いに来てくれた。
明日からしばらく長野へ行く報告をわざわざ吹雪の中来てくれた川崎君ありがとう!

遅くなって楽屋から移動して来てくれた3人組と楽しい演奏会となる
サクちゃんのピアノは前衛的でとても面白い。
夜は楽しく更けて行くのでありました~。
1月27日(金)
2パテイ-s
前から気になっていたパティ・スミスのCDとレコードが届く。
「Horses」紙ジャケ2枚組になっていて1975年と2005年、どちらもライブ収録なので益々気にいった。
1パテイ-s
「trampin」2010年の作品は2枚組・・・と言っても全12曲だから贅沢といっていいのかこれも私にとっては
貴重なアルバムとなった。
開店と同時に大音量で聴くパティ・スミスの声に興奮状態・・・・

閉店後にもう一度パティを聴く・・・をこの3日間繰り返す。
気になるアルバムはまだまだ沢山あるけど財布と相談しながらゆっくり揃えて行きたいな。


昨晩は予約も頂いて開店から賑やかなCREAMとなった。
焼酎に詳しいお客さんはCREAMお薦めの「一壺春」を気にいって下さりとても嬉しくなった。
カウンターも少ない席ではあるけど上手に3回りとなる。

予約のお客様がお帰りになった後は近所の常連さんたちと「人間椅子」を聴きながら遅くまで語らう。
1月23日(月)

CREAm定休日は自宅でお好み焼き会・・・・
イカ、海老、豚バラ、さらにチーズをトッピングすると最高に贅沢なお好み焼きになる。
息子は限りなく喰らう・・・焼き奉行の私としては大忙しとなる。お好み焼き-s

お腹一杯お好み焼きを食べた後はトークへ行く。
お客さんは3人だったけど様子を見ながら実験的にチョイ弾き語り・・・・
ビートルズのナンバーをお手本にリョウさんからさまざまなコードを教えてもらう。
今まで難しいと思っていた曲(ゲット・バック)(カムトゥ・ギャザー)なかなかいい感じではないか!
流石!リョウさんです・・・ありがとうございました。~
1月21日(土)
開店15分の遅刻・・・・
冷たい雨が残った雪を溶かしてくれるのはありがたいがその雨のせいか?静かなCREAMとなる。

そういえば金曜日にこの村上にカ―ネルサンダ―スさん?の「KFC」がオープンした様で
常連さんがありがたくも30分も待ってチキンを差し入れして下さった。

私のマーチンの弦を張り替えてくれたのはS氏・・・ピックアップも外れたままだけどやっぱり新しい弦の響きは抜群!ギターが上達したよう気がするんだけど・・・おそらく気のせいだろうな。                                               
このところとても静かで商売あがったり・・・なんてマイル日が続く中いつも寄って下さるお客さん始め、
初めてという2~3人のお客様も見えたりで地道に頑張ろうと言う気にもなれた。感謝!

CREAMコンサートの演奏依頼文書を考えながら気になっていた3枚をB面通してじっくり聴いた。ジャクソンブラウン-s
「JACKSON BROWN」FOR EVERMAN1973年 Glenn Freyも参加をしているTAKE IT EASYは一番好きだ。
他、GREGG AIIMANやBonnie Raitt 、Don Henleyなど豪華キャスト参加の名盤だと思っている。

ritoru-s.jpg
「LITTIE FEAT」1970年 フランク・ザッパがローウェル・ジョージに忠告してできたと言うLITTE FEAT の
ファーストアルバム。アコースティックなサウンドが前面に出ているスタジオ収録なはずなのに何処か生々しくて
ライブ感覚になる。布衣ーと1-s

それではと1973年に3枚目として発売された「LITTIE FEAT」DIXE CHICKEN 新生リトル・フィートはアコースティックだった1~2枚からうって変ってファンキー感覚あふれている。
特にアルバムタイトル「デキシー・チキン」は名曲中の名曲と思うのだ。

デキシー・チキンを聴いているとなるほど日本でも細野晴臣や鈴木茂にも大きな影響を与えたという話を昔聞いた事があった。なるほど!細野晴臣のサウンドはデキシー・チキンそのものかもしれない。


1月20日(金)

2年前からのバネ指が活発に私の仕事の邪魔をするようになった。
チラシを貼るのにケース中からピンを取り出す際に曲がった指が突然に戻ってピンをはじいてしまい貼る作業の前に散らばったピンを集めるところから始める。

今日は顔を洗らっている最中に突然戻った指が右目中を直撃!ただでさえ目も不自由な私にとってこれもショック
お箸を使っている時にも突然戻られるとお箸は超!ヒットとなって結構と飛んでいく。

憎きバネ指・・・・これ以上悪さが頻繁になったらやっぱり手術を考えた方がよさそうだな・・・・

gure-toruhuru   -s
History of the Grateful Dead, vol・1THIRD EYE-s

THIRD EYE

上から順に紹介しました。

1月19日(木)
昨日今日と久しぶりにお天気続き。
どうしても明日まで手に入れなきゃならない物があり「ムサシ」まで歩く。
幹線道路は全く雪はないものの歩道には硬い雪が残っていてとても歩き辛いけどお日様の下、気持ち良く
歩き始める。どういうコースが面白いか考えた結果、田端町~から町中に入り小国町~珈琲を買うのに大町の「珈琲や」に寄ってあれは・・・久保田町かな?そんなコースでゆっくり歩いたらCREAMメニュー「鮭とば」がキレている事に気付いてジャスコ内の「又上」による。てな事で「ムサシ」到着は2時間後の4時になった。

前の晩調子をこいて「未来少年コナン」のDVDを見過ぎ行動が遅れた事に反省などしない。

目的だった品物以外に買い物が増えて帰りはどうするかと考えていたら息子から電話・・・レスキューに感謝

開店からしばらく静かなCREAMだったので久しぶりにプログレを聴く。栗む損 -s
KING CRIMSON 「WAKEOFPOSEIDON]1970年

iesu-s.jpg
YES 「EYS SONGS」1973年ちゅーぶら-s

MIKE OLDFIELDO「TUBULARBELLS」1972~~1973年
大音量・・・・目を閉じて聴いていると自分が宙に浮いてる感覚になる。
現実は目を開けた瞬間、レシートの山・・・申告時期が迫っている。

もう一度目を閉じたい気分になった。

マキ-s
1月17日(火)
マキさんが亡くなって早いもので2年・・・・
れんしゅうではいつも聴いているけど今夜はファーストから順に聴いた。
改めて新鮮な感じがしてマキさんの世界にどっぷりと浸ってしまう。
どうしてもまだ生きている気がしてならない。

新曲も2~3曲探しあてたけど薄味にならないように猛練習は必須だ!
1月16日(月)

楽屋にてCREAM5周年記念コンサート実行委員会を行った。
委員長を森田和之氏にお願いをして 中村行善氏 木村正美氏 津島重敏氏 伴田宏氏 青山将之氏の6名の方々
で準備を進めて行くことになった。

今回はふれあいセンターの高橋さんにも来て頂いての初顔合わせとなったんだけど流石このメンバー!
話は以外にもスムーズにしかも具体的に決まっていく。

ここで訂正ですが
最初のお知らせでは「野外コンサート」と紹介をしましたが話し合いの結果、お天気の心配がまずなく、
お客さんたちとの一体感なども考え「ふれあいセンター中ホール」に会場を設ける事になりました。

屋内コンサートで決まるとステージ設営から始めより一層の構想も膨らむ。
飲食ブースも設ける事に決まった。

当日までのタイムテーブルが粗方できあがった事で次回の委員会が楽しみともなった。
もちろんやることは山ほどある。気を抜いてはいけない。
お集まりのみなさん御苦労さまでした。
FENTON ROBINSON-s
エルもあジェームス-s
1月16日
14日(土)は相変わらず酷いお天気・・・・
どうなる事やらと思っていたらオープンからお子様連れのとがし電気さん始め、カウンターが一回りしたのとテーブルも2回リするほどありがたい夜になった。
気がつけば3時を過ぎ残った物は(者)グラスと私だけ・・・嬉しい夜だった。

15日(日)
昨晩とはうって変ってとても静かなCREAMだった。
まずまずのお天気だけど日曜日だからね・・・・皆おうちで休んでいます。

昨晩からの流れでPAの調子を試しながらブルースに浸る。その中の2枚をご紹介。

鉄腕アトム-s
B-s.jpg
常連さんとひとしきり話して気がつけばもう閉店時間もそろそろになって(ああそういえば今日は秀樹の誕生日)
一人になったのでアトムのアルバムを聴く。
「ROOTS OF ELECTRONIC SOUND 鉄腕アトム・音の世界」1975年
手塚始虫氏ももちろん関わって構成は我がボス大野松雄氏であって秀樹はプロデュ―サ―で参加をしている。

ライナーノーツを見ると・・・・
「ATOM`S SOUND ・・・・ELECTRONIC BLUES`」
POPS SOUL ROCK、映画音楽、テレビ、ラジオ、のCMに至るまでELECTRONICのSOUNDが聞けない日が無いほどに
日常生活に浸透し始めている現在、タイトルの通り、このレコードに集約せれている電子音は、日本において
最初に、それも全く一般的なテレビ動画 「鉄腕アトム」の音として、もっとも多くの人々に聞き親しまれてきた
「ELECTRONIC SOUND」なのである。

そのSOUNDの基本概念は、実存する物音や発振器の音を利用して、ミュージックコンクレートや電子音楽を構成
し、さらに変調機器によるさまざまな感覚的工夫を試みられた、いわば1950年代の現代音楽の分野から導入された技術であることは言うまだもなく、従来、ドラマの音としてタブーとされていた遊戯性や偶燃性をもその構成の中に取り入れ、自由奔放なメカニズムで構築されている点にあると言えよう。特に「アトムのBGM」においては「ELECTRONIC ーBIUES]と呼ぶべき単純素朴な「ELECTRONIC SOUND 」のダイナミズムがある。

現在、確立されつつある音楽のひとつの分野 「電子音楽」の原点とも言えよう。 
                                  (1975、9、11 吉田秀樹)
ああなるほどね・・・・ 30年経った今やっと何を言っていたんだかわかったような感じかな・・・

家が狭いこともあってつい、屋根裏に持っていった秀樹の作品集を一年ぶりで見たらばやっぱり状態悪い。
60歳の誕生日をきっかけに「これは大事」と言っていたものは階下に下した。
息子と改めて秀樹の作品集を見る、聴く。
興味はどうであれ普通に懐かしくそして新鮮な感じがした。
1月14日
ピアノ-s
昨晩も容赦ない風と雪の夜。
外は冷凍庫状態で氷の世界なんですね。
そんな天気だからオープンご暫くは静かなCREAMなのでキャロルキングのピアノを耳コピで弾く。
ギターを練習しなきゃならないのに左手お父さん指にタコを作りながらなんで夢中にならなきゃなんないかな

昨晩回した盤紹介
ロッド-s
ロッドスチュアート「Atlantic Crossing」1975
浅川マキさんもカバーしている「IT`S NOT THE SPOTLIGHT]も素晴らしい。
マンドリンで参加しているデビットリンドレイもなかなか良い味・・・

o-sixyann-s.jpg

エリッククラプトン「461OCEAN BOULEVARD」クラプトンの中で唯一回してもいいかなというアルバム。
お客さんの好みを聞いて半年ぶりで回してみたらまま懐かしかった。
イボンヌエリマンのバックコーラスは流石!カッコイイ
rokka-zu-s.jpg

「ロッカーズ」サウンドトラックアルバム1978
実際映画は観てません。レゲエミュージシャンを主人公にした映画だったような・・・
私の好きなピータートッシュやサードワールド・・・ジャスティン・ハインツ&ザ・ドミノスなど14~5バンド
が収録されている。
確か・・・翌年1979年ボブ・マーリーの日本公演(中野サンプラザ)を観に行った記憶があるんだけど
世界的に有名になったレゲエ王、ボム・マーリーも凄かった・・・けどロッカーズ達のサウンドの方が生々しくて
魅力たっぷりと今、特に感じたりする。
ジミークリフのアルバムが見当たらない・・・捜索開始!
1月13日
このところ吹雪の日が続いているにも関わらず仕事帰りのお客様が寄って下さる事は本当にありがたい。

盤の整理もしなきゃと取りかかるんだけど結局は聴く方に夢中になってしまう。
久しぶりに聴いた中の3枚をご紹介!
久保田-s
ハウンドドックテイラー-s
オールマン-s

上から2枚目のHound Dog Taylorのブルースは何処かパンクの匂いがして大好き。
ロックミーベイビーは特にしゃがれた声でノリノリのおっちゃんは最高・・・

3枚目はオールマンブラザース・・・ホコリ臭くて泥臭いブルースのイメージが強いけど(フイルモアイースト)
このアルバムは以外にもこぎれいで初期のストーンズを思わせる。
正直いって物足りなさを感じるけどお客さんとこの盤の話題で盛り上がったからまずまずかしら・・・・

ハルさん刺激的なお土産ありがとうございました。早速今夜お客様に味見してもらいます・・・
1月10日
前から考えていた事の一つにいつもお邪魔するトークにギターがあったらいいな
できればトークライブも可能なら・・・と相談をしたらば
トークマスターの一弥さんからの返事を頂いたので早速、ギター探し・・・高峰-s
真ん中の子・・・
連れて帰った時はボロボロ・・・でもS氏のメンテのおかげで何とか鳴りもましになった。
まだ若干の体調不良はあるにしてもそこそこな子だ。

低音の響きはマーチンをうわまっているし、ギルドの湿ったすっかっとしない響きと違・・・
皆いいとこあるけどね・・

ギターが変わることでやってみたい曲にも変化が出てくるのは不思議だな・・・

昨晩はCREAM定休日だったので息子と夕ご飯を食べた後裸のままのギター(ケースなし)連れて行きS氏に再度メンテをお願いしての軽い演奏ができた。

これから第2の月曜日はトークで演奏ができると思うと楽しみでならない。
もちろん!ロックも交じってのトーク演奏にしたい
というのも退院後のRさんとじっくりと話した結果の事・・・
1970年当たりを中心に(ショッキングブルーや)(Tレックス)などをやってよ!とのリクエストに
答えて?練習を兼ねてやってみようと思う。

マスターのご厚意でこの夜は閉店時間を延長して下さると言う事で(いつもは11時?)お時間のある方
是非ともトークにいらしてみてください。

新入りたかみねさあ!いかに!
1月6日
先日、実家へ帰った時に母の探し物を手伝っていたらなんと!40数年前のこんなものが押し入れの奥から
ほこりまみれで出てきた。
2民謡-s
松本知一「北海謙良節」当時の民謡大賞グランプリを受賞した記念盤だ。
北海道民謡が中心・・・バックはたった一本の尺八に上品なこぶしが絡む。
鼻にかかった声が突き抜ける甲高さを和らげてなんとも心地よい。

2枚目は「秋田民謡集」この盤は私が歌うきっかけとなった・・・
「秋田長持唄」「姉こもさ」「秋田甚句」などは母のお手本もあり結構と夢中で歌ったな。
しかし今じゃ元歌の音程も出ず情けないのだ!
CREAMで民謡が流れているのもちと不気味な感じもしない事もないのだが・・
興味のある方是非!聴いてみてください。
1月1日(日)

元旦ぐらいはと朝早くから起きて家事をしながらこたつで過す。
頂く年賀状の楽しみは子供たちの成長ぶりも含めての近況報告・・・しかし私は元旦早々年賀書き、(失礼な奴)

昼から実家へ行く。
今年はまだ本格的な大雪もなく車の移動も楽で助かるナ。正月-s


遅いお昼ご飯をいただいて親戚周りをしたあとは村上に戻り「トーク」。
元旦マラソンで走った人たちが集まって打ち上げに走りもしない私をいつも呼んでくれるのは嬉しい。
今年は里帰りをしているスーザンがいないので何処か寂しいけど一弥さんが頑張って作ってくれた
沢山のお料理を囲んで和やかな飲み会となる。

残ったメンバーがCREAMへ行きたいと!始まった。
私は「休み!休み!」と断るとみえみえの芝居・・・・
「最近よーく耳にするんだけど松山あたりにCREAMって店があるんだって?!」
「うんうん!どーも素敵なママがいるらしいっすよ」
「で!演奏もできるって聞いてます」「ちょっと電話してますかね~」となりあらそこまでいうなら・・・

とつまり調子のいい私が負けてしまい8時頃からCREAMに移動して呑み直しと演奏会で大騒ぎの2次会は楽しかったな。


1月2日(月)
夕方から茶さんを招いてCREAMで「すき焼き」を食べながら音楽の話を含めて練習の夜。
演奏は技術ももちろん必要だけどまずはノリだしお客さんとの一体感、つまりその場の雰囲気がわかる人と
わからない人とではずいぶんとライブとしての出来上がりは違ってくる、

「自己満」は笑えるにしても「自己中」となるとイミナシ・・・茶さんの言っている事はいつも宇宙的なんだけど
こんな事を私に教えているんだろな・・・と考えさせられる。

実践に入る。
私の歌とギター、茶さんのドラムだけの厳しい音だし・・・
今までやってきた一人弾き語りに他の楽器が入る事の面白さだけを考えてたけど茶さんにかかっては
そう簡単には面白さは味わえない事もわかった。
音が混ざる、小気味のいい瞬間・・・口では簡単に言える事だけど難しい事も今更ながらわかった。
茶さんありがとうございました。

1月3日(火)
朝から自宅風呂に入り、寝るを繰り返す一日・・・
ギターも弾かない、家事もしない、CREAMにも行かない。


1月4日(水)
今日からCREAM営業・・・
昨日、たっぷり休んだ分、今朝は5時に起きて気合を入れる。
正月3ヶ日、栄養もたっぷりつけたおかげで心身ともに好調である。

さて、新年は今日からCREAM営業となります。
お酒や珈琲を飲んで頂きながらゆったりとした時間をCREAMで過して頂けたらと思います。
もちろん!CREAMライブをお考えの方、是非とも宜しくお願いします。
1月1日(元旦)
昨年はライブ演奏者の方々始め、集まって下さったお客様・・・日ごろお仕事帰りに立ち寄って下さった方々、
飲み会のあと〆のCREAMで楽しんで下さった方々に感謝いたします。
おかげさまでCREAMは何とか4年をクリアーできました。

昨晩はバンジョ―佐藤君オリジナル手打ちそばを今年も頂いたので〆サバサラダをサービス品として常連さんと
和んだ年越しの夜となりました。

せっかくなので今年は蕎麦つゆを作った。
ねぎは母の手作り「やわ肌ねぎ」柔らかくて優しいいつものねぎは美味しい!

〆サバにするほどのサバに会えなかったので市販のもので残念だったけどお客さんには喜んでもらえたかな~

もちろん!佐藤君の蕎麦は毎年の事だけど最高なんだな・・・・ごちそうさまでした。

遅くなってからの数人のお客さんにも感謝しました。

楽屋から来て下さったみつよしさんに「高田渡」を始め数曲ねだって歌ってもらった。すみませんでした。


さて今日は元旦ですね。
久しぶりに実家へと親戚にご挨拶で出かけます。

そうだ・・・今日は村上では元旦マラソン日だったな。
昨年のように応援はできないので打ち上げに呼ばれているのもなんだか申し訳ない・・・参席に悩む~



今年はCREAM5周年記念という事で10月6日に野外コンサートを企画した。
これから具体的な話を進めて行くんだけど是非とも皆さんと楽しい一日を過せたらと考えています。

今後ともCREAMを何とぞ宜しくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。