mie-mama日記♪

お店や音楽仲間との出来事、日々の暮らしまで綴ってます(*^^)v

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP7556-s.jpg
IMGP7563-s.jpg
22日(土)は対バンライブでした

CREAMデヴィュー! ドイスフェベレーロス

村上で唯一のボサノバを演ってくれる佐久間さん!

今回はCREAMではお馴染み「茶太さん」がパーカッションで参加!

オープニングアクトとはいえ素晴らしいボサノバを心地よく聴かせてくれました


東京から来てくれたのは

八束徹さん

彼の音楽は

アコースティックでの弾き語り・・・そう語るのです

今、生きてること・・・・

生きてきたこと・・・・

父を思う・・・

なぜか涙が止まらない・・・

彼の作品はみんなの心の中に潜んでいる・・・

決して彼はシャウトをしない

ただ・・・ただ・・・自分に言い聞かすように歌うのです

涙が止まらない理由・・・・同じ思いをして来たからでしょうね

IMGP7560-s.jpg
IMGP7572-s.jpg

スポンサーサイト
015-s.jpg
お蔭さまでCREAMは23日で二歳の誕生日を迎えることができました

皆さんの暖かい励ましとご協力に支えられて(甲子園じゃないいんだから)

ここまで来れたと感謝いたします

昨年のようなパーテーをと考えてはいるのですが

ありがたい事にこのところ毎週、ライブ続きでありますのでどうしたものかと

まだ思案中・・・・です

何か良い案はないものかな?





09-08-21-伴田裕

21日(金)はCREAMでは久々のジャズライブでした

サックスの伴田裕さん








09-08-21-三浦良樹

ギターの三浦良樹さん

09-08-21-なおさいとう

ドラムのなお・さいとうさん

ジャズが苦手な方でも聴きやすい曲を・・・・と伴田さんの心配りは素晴らしい

オリジナル「アフリカ」に感動した私!

アフリカの地平線に溶けるように沈む大きな太陽・・・・を想像してしまった

ぎたーの三浦さんとドラムのなおさんには本当に感激!

09-08-21-横田康雄

そして

特別出演と言うことで横田康雄さんがベースで参加してくださいました

沢山のお客様でCREAMは大いに盛り上がりました


1 015-s

皆さん今日もお疲れ様でした

村上はお盆休みで県外から帰省してきた人や、観光客で人口は何倍?にもなったこの数日・・・・

そのお盆中の15日は


地元、我が「ホームスイートホーム」と

東京から「Swa & Nzomi ] のライブがありました。


1 021-s

1 016-s

[HSH] さんはもう皆さんご存じ!ですね。

どうして美女とおじさんたちが対バン?と皆さんとても気になりますね?

[HSH] のバンジョー佐藤クンの娘さん「のぞみさん」の音大仲間の「Swa]さんと「りえ」

さん3人がCREAMでライブを!ってことで今回の様な異質(失礼)対バンとなったわけです


大御所!HSHさんたちは今回つまり「前座」 (もったいないです?)

彼女たちに花を持たせた」素敵なライブになりました


Nozomiさんはピアノ担当! Swaさんはボーカル!

りえさんはマネージャー、コーディネーター、譜めくり(りえさん凄い!)

懐かしい曲から最近の曲までインターバルをおいて十数曲も演ってくれました


Swaさんの歌声は素晴らしく曲が終わるたびにお客さんからため息と大きな拍手!

彼女の目標はもちろんプロボーカリストなんでしょう!


Nozomi さんはピアノひとつだけのバックでほんとに大変だったでしょうが見事にクリアー!

最後の「上を向いて歩こう」は特によかったな?


1 024-s


仲良し3人組が観せてくれたものは

音楽だけじゃない他の何か・・・・

友情・・・・そんなものも感じた素敵なライブになりました


最後に

HSHのみんな・・・・いつもありがとう!

リハーサル始め、最後まで私をサポートしてくれる事に甘えてごめん!と感謝でいっぱいです

そして

お盆中の忙しい中来てくださった 皆様に感謝いたします
なお
左足下肢、放射線の後遺症で炎症をおこして化膿、噴火したことで緊急手術となった息子


2日前に抜糸となりましたが他の部分は穴ぼこが開いたまま・・・・

相変わらず中からジワジワと膿?水?が出ています

明日のMRI検査で中身内容が判明します

手術後の細胞を調べた結果はOKではありましたが

彼の左足は・・・・?


今日から車イス卒業です(*^_^*)

コーヒーが大好きな彼は病棟の自販機までやっと買いに行けると電話で苦笑・・・・

諦めていた外泊が守田先生の計らいでOK!

4回目の抗がん剤投与前に彼の祖父(私の父の)の初盆、法事でたった一晩ですが帰れる様です



体中にいくつかの腫瘍を抱えて、これからもいつ新たにどこに付くか分からない不安も抱え

それでもいつも明るく生きる息子を私は人間として尊敬します

命の大切さ・・・・ 人との繋がり・・・・  感謝・・・・・・・涙・・・・ 笑い・・・

労り・・・・甘え・・・・お騒がせ・・・・・・・・笑顔!

彼に教えられることは限りなくあります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。